No Offence 1/100,000,000scrap

眠れない時間の妄想と思考、あくまでも個人的な1億分の1の個人的な破片です。。

家族ごっこ(オムニバス5本立て)

外出禁止令が発令された世界で、

こんなに素晴らしい物があったのかと思い知らされたサービス。

Net配信が出歩けない退屈な時間を救ってくれた。

以前から登録はしていたものの、

それほど活用していなかった。

それが今や、テレビ番組が崩壊してしまい楽しめなくなったので大活躍だ。

テレビはなぜあんなつまらない編集ばかり編成するのだろう。

いま、大活躍するときじゃないのか。

ややこしい権利関係もとやかく言うなって思う。非常事態じゃ。

 

オムニバスのなかでも刺さったのが

「鈴木さんごっこ

ありえない状況だけどラストがいいね。やっぱり映画はハッピーエンドだ。

 

『佐藤さん家(だったか?)」のお葬式のやつ。

葬式は本人のためなのか、遺族のためなのか。

そこは、遺族の意思でよいのかなと思う。

亡くなってまで迷惑をかけたくないし、生きていないのに何でも良い、と思う。

カミに召される?

なら、今を何とかして欲しい。

カミは見ている?

そこで我慢しちゃダメだ、発信しなくては。

ガス抜きに対象物を持ってくることは生きていく上でのテクニックだが、

そればかりじゃいいように上に操られてしまう、のだよ。

助けてくれるのは自分しかいないし自分だけなんだということを忘れてはいけない。

人生は選択という与えてもらうものじゃなく自分で進むことなんじゃないかな。

選択ばかりしていては自我がなくなりカミが必要になってくる。

立ち上がれ。いまこそ、いまだから、おれ。

 

「貧乳くらぶ」

いい!

仲間ちゃんも出演して欲しかった。

 

あとは・・・おしてはかるべし。

 

新型前の日常では絶対見なかった作品。

これだけでも世界は少しずつ、変わってゆく。

テレビは絶対変わるだろう。

変わらない放送局は終わるしかない。

(少なくともおれの中で終わる、ということ)